1980年のAOR名盤

AORの代表的なアルバムのうち、1980年に発売された39作品(Airplay, Christopher Cross, Robbie Dupreeなど)について、アーティスト名とタイトル、CDの再発状況などをまとめています。アルバムの内容については、管理人のレビュー記事を参考にしてください。

Airplay / Airplay (ロマンティック)

スポンサーリンク

AORの名盤 (1980年)

Jay GraydonとDavid FosterによるAORユニットのAirplayが、名作『ロマンティック』を発表した年です。Christopher Crossのデビュー・アルバム『南から来た男』はグラミー賞の5部門を受賞。Air Supplyの『Lost In Love』も大ヒットし、AORがチャートや評価において高いポジションを獲得します。

  • 155: Airplay / Airplay (ロマンティック)
    ※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されました。
  • 156: Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男)
    ※2018年7月にワーナーの「新・名盤探検隊 紙ジャケ編」から、紙ジャケット仕様・高音質CDで再発されました。
  • 157: Robbie Dupree / Robbie Dupree (ふたりだけの夜)
    ※ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年9月に高品質CDで再発されました。
  • 158: Tony Sciuto / Island Nights
  • 159: Dick St. Nicklaus / Sweet And Dandy
    ※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に、1979年のデビュー作『Magic』のCDが再発されました。
  • 161: Peter Allen / Bi-Coastal
    ※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月に、1983年作『Not The Boy Next Door』のCDが再発されました。
  • 162: Ray Kennedy / Ray Kennedy (ロンリー・ガイ)
  • 163: Average White Band / Shine
    ※2015年5月にSOLIDレーベルからOriginal recording remastered、ボーナス・トラック4曲付きで再発されました。 Edsel Records UKからは、1979年作『Feel No Fret』、1980年作『Volume Ⅷ』、1982年作『Cupid’s In Fashion』と本作を収録した4 in 2のCDセット『Feel No Fret / Volume 8 / Shine / Cupids in Fashion』がデジタル・リマスタリング、ブックレット付きで発売されています。
  • 164: Heat / Heat
    ※ヴィヴィド・サウンドから2013年7月に、本作と『Still Waiting』(1981年作)のオリジナル・マスターを使用して代表曲を再構築し、未発表曲を加えた3作目『Heat Revisited』が発売されています。
  • 166: Seawind / Seawind (海鳥)
  • 167: Scott Jarrett / Without Rhyme Or Reason
  • 168: Googie And Tom Coppola / Shine The Light Of Love
  • 169: Ambrosia / One Eighty (真夜中の晩餐会)
    ※2014年2月に輸入盤が再発されました。
  • 170: Amy Holland / Amy Holland (エイミー)
    ※ユニバーサル・ミュージックから2014年3月にデジタル・リマスタリング、紙ジャケット仕様で再発されました。 セカンド・アルバム『On Your Every Word / 恋に焦がれて』も同時発売です。
  • 171: Far Cry / The More Things Change (ファー・クライ)
    ※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されました。

スポンサーリンク