Les Dudek / Say No More (1977年) – アルバム・レビュー

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Les Dudekの1977年のアルバム『Say No More』の紹介です。

Les Dudek / Say No More (1977年) フロント・カヴァー

Les Dudekはアメリカのブルース・ロック・ギタリスト。10代から地元のバンドでギターを弾き始め、21歳になる年にはAllman Brothers Bandの1973年のアルバム『Brothers & Sisters』に参加している。その後、Boz Scaggsの76年のヒット作『Silk Degrees』に参加し、同じ年にBoz Scaggsのプロデュースにより、アルバム『Les Dudek』でデビューした。

この『Say No More』はLes Dudekのセカンド・アルバム。収録された9曲は共作も含めて全てオリジナルで、このうち「One To Beam Up」と「Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ」の2曲がギター・インストゥルメンタルになっている。

前作に続いてGerald Johnson/Chuck Rainey(b)や、TOTOのJeff Porcaro(ds), David Paich(k)が参加。「帰ってきた怪傑ゾロ」だけは特別なセッションになっていて、共演者の顔ぶれは、E Street Band(Bruce Springsteenのバック・バンド)でキーボードを担当したDavid Sanciousや、ジャズ・ドラマーのTony Williams、The CrusadersのベーシストのBob Popwellと、かなりスペシャル。Les Dudekのギターもノリノリで、全員の演奏に迫力がある。

残り全曲でJeff Porcaroがドラムスを叩いているので、Jeffのファンにとって本作はマスト・アイテムだろうが、この見事な演奏の前では印象が薄れてしまうかも。

Les Dudekは独特のしゃがれ声だ。ギタリストなので歌で魅了するわけではないが、「I Remember」での静かな弾き語りなどは歌心があって、しみじみと伝わるものがある。

逆さまになった女性がグラスにシャンパンを注ぐフロント・カヴァーを担当したのは、写真家のBob Seidemann。Blind Faithの69年のアルバム『Blind Faith』の少女のフォトでも有名だが、Jackson Browneの『Late For The Sky』(74年)やAirplayの『Airplay』(80年)なども手がけている。

なお、この女性は『刑事コジャック』で主演を務めたTelly Savalas(テリー・サバラス)の姪らしい。ファンキーな「Jailabamboozle」は、シャンパンの栓を開ける景気のいい音から始まっている。

●収録曲
  1. Jailabamboozle - 4:52
  2. Lady You're Nasty - 5:33
  3. One To Beam Up - 3:25
  4. Avatar - 7:00
  5. Old Judge Jones - 4:39
  6. Baby Sweet Baby - 2:10
  7. What's It Gonna Be - 5:07
  8. Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ - 5:47
  9. I Remember - 3:05

◆プロデュース: Bruce Botnick

◆参加ミュージシャン: Les Dudek(g, vo), Jeff Porcaro/Tony Williams(ds), Gerald Johnson/Chuck Rainey/Bob Popwell(b), Kevin Calhoon/Reymondo/Pat Murphy(per), Alan Feingold/David Paich/Ted Straton/Joachiem Young/David Sancious(k), Sherlie Matthews/Rebecca Lewis/Clydie King(bv)

スポンサーリンク