Rock(ロック)の名盤 435選

HOME > 1975年,1976年の名盤   « 前へ   次へ »

Rockの名盤 435選 (1975年,1976年)

スポンサーリンク

Rock(ロック)の名盤

様々なロック・アーティストが、数多くのアルバムをリリースしています。 その中には、後続のアーティストに多大な影響を与えたり、ヒット・チャートに偉大な記録を残した「Rockの名盤」があります。

このサイトは、Rockの名盤を年代順に紹介します。 各アルバムのCDを購入できるように、Amazonで購入できるものについては商品ページへのリンクを掲載しました。

このページでは、1975年、1976年の21作品を紹介します。

Rockの名盤 (1975年)

Bruce Springsteen / Born To Run

●313: Bruce Springsteen / Born To Run (1975年)

Bruce Springsteenの代表作の一つに挙げられるサード・アルバム。 全米3位を記録するヒットとなり、初の全米トップ10入りを果たした。 疾走感みなぎる「Born to Run / 明日なき暴走」や「Thunder Road」のような熱いナンバーは、ワーキング・クラスの若者達を中心に圧倒的な支持を獲得した。


○314: Bruce Springsteen / Darkness On The Edge Of Town (1978年)

○315: Bruce Springsteen / Nebraska (1982年)

Bob Marley & The Wailers / Live

●316: Bob Marley & The Wailers / Live (1975年)

Bob Marley率いるレゲエ・バンド、The Wailersのロンドンでのライヴを収録したアルバム。 前年に、The Wailersの「I Shot the Sheriff」をEric Claptonがカヴァーし、全米1位のヒットを記録した。 「I Shot the Sheriff」の他、「No Woman, No Cry」、「Get Up, Stand Up」といった代表曲の名演を聴くことができる。


○317: Bob Marley & The Wailers / Burnin' (1973年)

○318: Black Uhuru / Chill Out (1982年)

Patti Smith / Horses

●319: Patti Smith / Horses (1975年)

70年代のニューヨークのパンク・シーンを牽引したPatti Smithのデビュー・アルバム。 元Velvet UndergroundのJohn Caleがプロデュースを担当した。 シングル・カットされた「Gloria」は、Van MorrisonがThem時代に作った曲のカヴァー。 これを、Patti Smithがオリジナル曲「In Excelsis Deo」とのメドレーに仕立てた。


○320: New York Dolls / New York Dolls (1973年)

○321: Laurie Anderson / Big Science (1982年)

スポンサーリンク

Rockの名盤 (1976年)

Boz Scaggs / Silk Degrees

●322: Boz Scaggs / Silk Degrees (1976年)

ソウル・ミュージックやジャズの要素を取り入れた洗練されたソフトなロックである「AOR」が人気を得るきっかけとなったアルバム。 後にTOTOを結成するメンバー等、ロサンゼルスの一流のセッション・ミュージシャンが参加し、「Lowdown」、「Lido Shuffle」、「We're All Alone」などのヒット曲、有名曲を生んだ。


○323: Boz Scaggs / Boz Scaggs (1969年)

○324: TOTO / TOTO IV (1982年)

Joni Mitchell / Hejira

●325: Joni Mitchell / Hejira (1976年)

才能あふれるシンガー・ソングライターであるJoni Mitchellを代表する一枚。 Jaco Pastorius(b)、Larry Carlton(g)、Tom Scott(horns)等、ジャズ界のミュージシャンが参加している他、Neil Youngもハーモニカで参加。 モノトーンの美しすぎるジャケットも自らデザインしたものである。


○326: Joni Mitchell / Blue (1971年)

○327: Joni Mitchell / Court And Spark (1974年)

Jackson Browne / The Pretender

●328: Jackson Browne / The Pretender (1976年)

Jackson Browneの4枚目のアルバム。 アルバム制作途中で妻が自殺する悲劇に見舞われたこともあり、個人的・内省的な内容であるが、ソング・ライティングの力により普遍的な魅力を獲得している。 ヒット・チャートの上位を記録した訳ではないが、人気の高いアルバムである。


○329: Jackson Browne / Late For The Sky (1974年)

○330: Jackson Browne / Running On Empty (1977年)

Eagles / Hotel California

●331: Eagles / Hotel California (1976年)

70年代のアメリカ西海岸のロック・シーンを代表するバンドであったEaglesの傑作。 人々がウェスト・コーストに対して抱く憧れやアメリカの夢のようなものを否定する苦い内容だが、粒揃いの楽曲により大ヒットを記録し、グラミー最優秀レコードを受賞。 タイトル曲の深い歌詞や、エンディングの見事なギターのリフレインは、時代を超える説得力を持つ。


○332: Eagles / Desperado (1973年)

○333: Don Henley / Building The Perfect Beast (1984年)

スポンサーリンク


Rockの名盤 435選 1975年,1976年

このサイトについて

© 2011 Warm Breeze