このサイトについて

Rock(ロック)の名盤 435選

HOME > 1972年の名盤   « 前へ   次へ »

Rockの名盤 435選 (1972年)

スポンサード リンク

Rock(ロック)の名盤

様々なロック・アーティストが、数多くのアルバムをリリースしています。 その中には、後続のアーティストに多大な影響を与えたり、ヒット・チャートに偉大な記録を残した「Rockの名盤」があります。

このサイトは、Rockの名盤を年代順に紹介します。 各アルバムのCDを購入できるように、Amazonで購入できるものについては商品ページへのリンクを掲載しました。

このページでは、1972年の15作品を紹介します。

Rockの名盤 (1972年)

King Crimson / Earthbound

●227: King Crimson / Earthbound (1972年)

King Crimson初となるライヴ・アルバム。 初期のKing Crimsonの持ち味であった情緒性は排除されており、エネルギッシュで即興的な演奏が収められた圧巻のライヴ。 後にBad CompanyのメンバーとなるBoz Burrellがヴォーカルとベースを担当した。


○228: King Crimson / Larks' Tongues In Aspic (1973年)

○229: King Crimson / Discipline (1981年)

Jimmy Cliff / The Harder They Come

●230: Jimmy Cliff / The Harder They Come (1972年)

Jimmy Cliffが主演し、ジャマイカを舞台に描かれた映画『The Harder They Come』のサウンド・トラック・アルバム。 ジャマイカで生まれたレゲエという音楽の存在を世界に広めるきっかけとなった。


○231: Jimmy Cliff / In Concert: The Best of (1976年)

○232: Linton Kwesi Johnson / Bass Culture (1980年)

Carole King / Tapestry

●233: Carole King / Tapestry (1972年)

Carole Kingのセカンド・アルバム。 「You've Got A Friend」「It's Too Late」「So Far Away」などの馴染みの名曲が生まれ、グラミー賞も4部門を受賞。 このアルバムを機に、Carole Kingは女性シンガー・ソングライターの代表格として知られるようになった。


○234: Laura Nyro / Eli And The Thirteenth Confession (1968年)

○235: Leonard Cohen / The Best Of (1975年)

David Bowie / Ziggy Stardust

●236: David Bowie / Ziggy Stardust (1972年)

70年代のDavid Bowieの人気と評価を決定づけたアルバム。 自らをZiggy Stardustというロック・スターに扮し、一つのドラマをこのアルバムで演じた。 80年代に入ってからはスタイルを一転。 Nile Rodgersがプロデュースし、ダンサンブルなサウンドを追求した1983年作『Lets' Dance』は大ベストセラーとなった。


○237: David Bowie / Heroes (1977年)

○238: David Bowie / Let's Dance (1983年)

Deep Purple / Live In Japan

●239: Deep Purple / Live In Japan (1972年)

ハード・ロック史上の屈指の名盤として人気の高い1972年作『Machine Head』のメンバーで行った日本でのライヴ。 バンドが最も一体感のあった時期のライヴであることと、音質が驚くほど良いことから、最高の演奏を最高の音質で記録したライヴ・アルバムとして名高い。 その後、多くのバンドが日本でのライヴ・アルバムを発売するようになった。


○240: Deep Purple / Machine Head (1972年)

○241: Whitesnake / Whitesnake (1987年)

スポンサード リンク


Rockの名盤 435選 1972年

Copyright © * Warm Breeze * All rights reserved