TOTOの厳選名盤

TOTOの厳選名盤

スポンサーリンク

AORを代表するバンド ~ TOTO

TOTOはAORの素晴らしさを体現するバンド。1970年代の後半にデビューし、今も活動を続ける息の長いバンドです。

プロのセッション・ミュージシャンが結成したバンドであるため、演奏技量が高く、そのサウンドはとても聴きごたえがあります。特に、グルーヴ感抜群で表情豊かなJeff PorcaroのドラムスやSteve Lukatherのエモーショナルなギターには定評があり、その演奏を目当てに聴く人も多いでしょう。

初めて聴く場合は、グラミー賞を受賞した『TOTO Ⅳ / 聖なる剣』や、デビュー作の『TOTO / 宇宙の騎士』がお薦め。作品数が多いので、代表曲を集めた2枚組の『オールタイム・ベスト 1977-2011~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ~』のようなベスト盤から入るのも良いでしょう。また、代表的なオリジナル・アルバム5作品をコンパクトにパッケージした『Original Album Classics: TOTO』もお薦めです。

以下に、TOTOを代表する7作品を厳選して紹介します。Jeff Porcaroが在籍し、グラミー受賞作も生まれ、バンドが最も輝いていた時期の7作品です。

Bobby Kimballが在籍した初期4作品

Bobby Kimballがリード・ヴォーカルを担当した初期の4作品です。4作目の『TOTO Ⅳ / 聖なる剣』はグラミー賞を受賞し、世界的に大ヒットしました。デビュー・アルバムの『TOTO / 宇宙の騎士』も魅力的な作品で、AORの名盤として評価されています。

『TOTO / 宇宙の騎士』(1978年, 米9位)

TOTOのデビュー・アルバム。メンバーは、David Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)の6人で、HungateとKimballを除く4人は少年期からの友達でした。このアルバムは、ロック、ソウル、フュージョンの要素をセンス良く融合したAORの名盤として知られており、「Hold The Line」(米5位)のヒットも生まれ、セールス面でも成功を収めました。

●収録曲
  1. Child's Anthem / 子供の凱歌
  2. I'll Supply the Love / 愛する君に
  3. Georgy Porgy
  4. Manuela Run
  5. You Are the Flower
  6. Girl Goodbye
  7. Takin' It Back / ふりだしの恋
  8. Rockmaker
  9. Hold the Line
  10. Angela

『Hydra / ハイドラ』(1979年)

TOTOのセカンド・アルバム。ロック色が強く、収録曲の半分を占める「Hydra」「St. George and the Dragon」「All Us Boys」「White Sister」では重厚でハードな演奏が繰り広げられます。特にタイトル曲「Hydra」は格調高い曲で、美しい構成とドラマティックな演奏はプログレッシヴ・ロック的。Jeff Porcaroのドラムスにも凄みがあり、TOTOの曲の中でもかなりヘヴィーな演奏を聴くことができます。驚くことにヴォーカル以外は一発録りらしく、プロの演奏家としてのプライドを感じます。

●収録曲
  1. Hydra
  2. St. George and the Dragon
  3. 99
  4. Lorraine
  5. All Us Boys
  6. Mama
  7. White Sister
  8. A Secret Love

『Turn Back / ターン・バック』(1981年)

TOTOのサード・アルバム。スタジオ・ライヴのような臨場感溢れる演奏を楽しめる、お薦めのアルバムです。ロック色が強く、演奏がハードなところは前作の『Hydra』と同じですが、本作では演奏の統制や技巧よりも荒々しいライヴ感が印象的。また、構成美のある格調高い曲の多い前作に対し、本作の曲はストレートでシンプル。ラフで飾りのないフロント・カヴァーがハードでシンプルな音を表しています。

●収録曲
  1. Gift with a Golden Gun
  2. English Eyes
  3. Live for Today
  4. A Million Miles Away
  5. Goodbye Elenore
  6. I Think I Could Stand You Forever / スタンド・ユー・フォーエヴァー
  7. Turn Back
  8. If It's the Last Night / ラスト・ナイト

『TOTO Ⅳ / 聖なる剣』(1982年, 米4位)

TOTOの4作目。彼らが世界的な成功を手中にしたアルバムです。「Africa」が彼ら初となる全米1位のシングル・ヒットを記録したほか、「Rosanna」が2位、「I Won't Hold You Back」が10位となり、3曲のシングルがTop 10入りを果たします。また、1983年のグラミー賞では、最優秀アルバム賞を含む6部門を受賞しました。本作を最後にBobby Kimballはバンドを脱退します。

●収録曲
  1. Rosanna
  2. Make Believe
  3. I Won't Hold You Back / ホールド・ユー・バック
  4. Good for You
  5. It's a Feeling
  6. Afraid of Love
  7. Lovers in the Night
  8. We Made It
  9. Waiting for Your Love / ユア・ラヴ
  10. Africa

スポンサーリンク

Bobby Kimball脱退後の3作品

Bobby Kimballの脱退後、5作目の『Isolation』ではFergie Frederiksenがリード・ヴォーカルを務め、再びロック色の強い作品になりました。続く『Fahrenheit』と『The Seventh One』では現在のTOTOのリード・シンガーであるJoseph Williamsがリード・ヴォーカルを担当し、『TOTO Ⅳ』のような洗練されたAOR作品になっています。

『Isolation / アイソレーション』(1984年)

元TrillionのFergie Frederiksenがリード・ヴォーカルを担当したアルバムで、その強力なハイトーン・ヴォイスを前面に出したロック色の強い作品です。「Stranger in Town」「Holyanna」「Angel Don't Cry」などのキャッチーなナンバーを収録しており、「Stranger in Town」はチャートの30位まで上昇。Fergie Frederiksenは本作のみでバンドを脱退しました。

●収録曲
  1. Carmen
  2. Lion
  3. Stranger in Town
  4. Angel Don't Cry
  5. How Does It Feel / 愛を抱きしめて
  6. Endless
  7. Isolation
  8. Mr. Friendly
  9. Change of Heart
  10. Holyanna

『Fahrenheit / ファーレンハイト』(1986年)

TOTOの6枚目。このアルバムから現リード・シンガーのJoseph Williamsが加入します。Josephは映画音楽の作曲家であるJohn Williamsの息子で、TOTOの主要メンバーとは地元の仲間どうしでした。「I'll Be over You」(米11位)がシングル・ヒットしたほか、「Without Your Love」「Till the End」などの人気曲を収録。「Don't Stop Me Now」のクールなトランペットはMiles Davisで、Jazz界の巨人が参加したことも話題となりました。

●収録曲
  1. Till the End
  2. We Can Make It Tonight / メイク・イット・トゥナイト
  3. Without Your Love
  4. Can't Stand It Any Longer
  5. I'll Be over You
  6. Fahrenheit
  7. Somewhere Tonight
  8. Could This Be Love
  9. Lea
  10. Don't Stop Me Now

『The Seventh One / ザ・セブンス・ワン~第7の剣~』(1988年)

TOTOの7作目で、前作に続いてJoseph Williamsがリード・ヴォーカルを担当します。チャートの22位まで上昇した「Pamela」のほか、「Stop Loving You」「Anna」などの人気曲を収録。 Joseph Williamsは本作を最後にバンドを離れますが、2010年に再びリード・シンガーに復帰します。

●収録曲
  1. Pamela
  2. You Got Me
  3. Anna
  4. Stop Loving You
  5. Mushanga
  6. Stay Away
  7. Straight for the Heart
  8. Only the Children
  9. A Thousand Years
  10. These Chains
  11. Home of the Brave
  12. The Seventh One

Joseph Williamsの脱退後は、Steve Lukatherがメイン・ヴォーカルを務めますが、1999年のアルバム『』からBobby Kimballがリード・シンガーに復帰します。また、ドラムスのJeff Porcaroは1992年に他界し、その後任を実力派セッション・ドラマーのSimon Phillipsが務めました。このように、リード・シンガーとドラマーの交代はありますが、それ以外のメンバーはほぼ固定しており、バンドの結束の固さがTOTOの魅力です。なお、現在はリード・ヴォーカルをJoseph Williamsが、ドラマーをKeith Carlockが担当しています。

スポンサーリンク


お問い合わせ: お問い合わせ

© 2011 Warm Breeze