ソニー「AOR CITY 1000」第1弾

HOME > 再発・新譜 > AOR CITY 1000 次へ »

ソニー「AOR CITY 1000」第1弾

スポンサーリンク

「AOR CITY 1000」第1弾 発売

Boz Scaggsの1976年の名盤『』の発売40周年を記念して、「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000」と題したシリーズがソニー・ミュージックから発売されました。
発売日は2016年7月27日と8月17日。税抜き1,000円という嬉しい価格です。
AOR CITY 1000 (POST CARD)
シリーズ監修は金澤寿和氏。 共通のアートワークを、大瀧詠一『』のイラストで知られる永井博氏が担当しています。 また、書き下ろしの新規ライナー・ノーツが付属します。
2018年3月31日までの期間生産限定です。

このページでは、7月27日に発売された第1弾 50タイトルを紹介します。

紹介作品のCDを購入できるように、Amazonの商品ページへのリンクを掲載しました。 管理人による個人的な作品レビュー(ブログ記事)へのリンクも載せましたので、参考になれば幸いです。

7月27日発売 第1弾 50タイトルの紹介

世界初CD化が3作品、日本初CD化が3作品あります。

<世界初CD化> (3作品)
・Nigel Olsson / Changing Tides (1980年)
・Lou Rawls / Love All Your Blues Away (1986年)
・Gerard Kenny / Living On Music (1980年)

<日本初CD化> (3作品)
・Engelbert Humperdinck / Don't You Love Me Anymore (この熱き腕の中に) (1981年)
・Paul Davis / Singer of Songs: Teller of Tales (アイ・ゴー・クレイジー) (1977年)
・John Farrar / John Farrar (1980年)

以下に、7月27日発売の50作品のリストを示します。


●Boz Scaggs / Silk Degrees (1976年)

●Boz Scaggs / Down Two Then Left (1977年)

●Boz Scaggs / Middle Man (1980年)

●Airplay / Airplay (ロマンティック) (1980年)

●What If / What If (1987年)



●Bill Champlin / Single (独身貴族) (1978年)

●Dane Donohue / Dane Donohue (1978年)

●Nigel Olsson / Changing Tides (1980年) 世界初CD化

●China / China (夜明けのダンサー) (1982年)

●Dwayne Ford / Needless Freaking (ストレンジャー・イン・パラダイス) (1982年)



●Daryl Hall & John Oates / X-Static (モダン・ポップ) (1979年)

●Daryl Hall & John Oates / Voices (モダン・ヴォイス) (1980年)

●Deniece Williams / When Love Comes Calling (ラヴ・コーリン) (1979年)

●Dionne Warwick / Friends in Love (1982年)

●Dionne Warwick / Heartbreaker (1982年)



●Ray Parker Jr. & Radio / Two Places at the Same Time (誓いのセイム・タイム) (1980年)

●Ray Parker Jr. & Radio / A Woman Needs Love (1981年)

●Greg Phillinganes / Pulse (1984年)

●Bill Withers / Menagerie (1977年)

●Bill Withers / Watching You Watching Me (1985年)



●Engelbert Humperdinck / Don't You Love Me Anymore (この熱き腕の中に) (1981年) 日本初CD化

●Paul Anka / Walk A Fine Line (1983年)

●Lou Rawls / Love All Your Blues Away (1986年) 世界初CD化

●Billy Ocean / Nights (Feel Like Getting Down) (1981年)

●The Bliss Band / Dinner With Raoul (デビュー!) (1978年)


スポンサーリンク


●The Bliss Band / Neon Smiles (1979年)

●Far Cry / The More Things Change (ファー・クライ) (1980年)

●Ned Doheny / Hard Candy (1976年)

●Silver / Silver (1976年)

●J.D. Souther / You're Only Lonely (1979年)



●Randy Meisner / One More Song (1980年)

●James Taylor / Dad Love His Work (ダディーズ・スマイル) (1981年)

●Livingston Taylor / Three Way Mirror (三面鏡) (1978年)

●Livingston Taylor / Man's Best Friend (1980年)

●Kenny Loggins / Nightwatch (1978年)



●Kenny Loggins / High Adventure (1982年)

●Jimmy Messina / Oasis (1979年)

●Valerie Carter / Just a Stone's Throw Away (愛はすぐそばに) (1977年)

●Karla Bonoff / Restless Nights (ささやく夜) (1979年)

●Karla Bonoff / Wild Heart of the Young (麗しの女~香りはバイオレット) (1982年)



●Paul Davis / Singer of Songs: Teller of Tales (アイ・ゴー・クレイジー) (1977年) 日本初CD化

●Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) (1980年)

●Paul Davis / Cool Night (1981年)

●Barry Manilow / Even Now (愛と微笑の世界) (1978年)

●Barry Manilow / Barry (1980年)



●Gary Portnoy / Gary Portnoy (月影のロング・ナイト) (1980年)

●Toby Beau / If You Believe (愛のスケッチ) (1980年)

●Gerard Kenny / Living On Music (1980年) 世界初CD化

●John Farrar / John Farrar (1980年) 日本初CD化

●Tom Snow / Hungry Nights (1982年)


スポンサーリンク


AORの名盤 330選 再発・新譜情報

このサイトについて

© 2011 Warm Breeze