AORの名盤 330選

HOME > 1982年の名盤   « 前へ   次へ »

1982年の名盤

スポンサーリンク

AORの名盤を年代順に紹介

このサイトは、AORを代表する約290のアーティストの名盤 約330タイトルを年代順に紹介します。 紹介する名盤は、AORのディスク・ガイド『AOR Light Mellow Remaster Plus』(金澤寿和氏)に掲載の作品です。

このページでは、1982年のAORの名盤のうち、前半の21作品を紹介します。 メジャー・アーティストに関して複数作品を紹介する場合は、最初の作品を●で、それ以外(発売年が1982年でない場合もあり)を○で区別します。

各作品のCDを購入できるように、Amazonの商品ページへのリンクを掲載しました。 デジタル・ミュージック・ストアへのリンクは、▶MP3と表記しています。 また、廃盤や未CD化のため入手困難な作品については、その旨を示しました。

AORの名盤 (1982年)

Bill LaBountyの『Bill LaBounty』、Dwayne Fordの『Needless Freaking / ストレンジャー・イン・パラダイス』、Donald Fagenの『The Nightfly』、Leon Wareの『夜の恋人たち』、Leslie Smithの『Heartache』、Dionne Warwickの『Friends In Love』、Tom Snowの『Hungry Nights』などのクオリティの高い作品が生まれ、AORが最高の輝きを放った年です。 デジタル・リマスターや紙ジャケットでのリイシューが盛んに行われ、以前と比べて入手し易くなりましたが、まだ入手困難な作品があります。
このページで21作品、次のページで23作品を紹介します。


●237: Bill LaBounty / Bill LaBounty 

○238: Bill LaBounty / This Night Won't Last Forever (涙は今夜だけ) (1978年)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に、これら2タイトルのCDが再発されました。 同じシリーズから2017年8月に、1979年作『』のCDも再発です。

●239: Roby Duke / Not The Same (現在入手困難)

○240: Roby Duke / Come Let Us Reason (1984年)

●241: Chicago / 16 (ラヴ・ミー・トゥモロウ) 

○242: Chicago / Hot Streets (1978年)



作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

●243: Joseph Williams / Joseph Williams

●244: Avalon / Everyman A King (現在入手困難)

●245: David Roberts / All Dressed Up

※ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年10月に高品質CDで再発されました。

●246: China / China (夜明けのダンサー)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されました。

●247: Dwayne Ford / Needless Freaking (ストレンジャー・イン・パラダイス)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されました。

●248: Dara Sedaka / I'm Your Girl Friend (ガール・フレンド)



作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

スポンサーリンク


●249: Donald Fagen / The Nightfly 

●250: Eye To Eye / Eye To Eye 

※ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年10月に高品質CDで再発されました。

●251: Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 

※ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年9月に高品質CDで再発されました。 1982年のセカンド『』も、10月に再発されています。

●252: Mark Winkler / Jazz Life 

●253: Frankie Bleu / Who's Foolin' Who? (潮風のバラード)



作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 未レビュー

●254: The Joe Chemay Band / The Riper The Finer (L.A.プレゼンツ)

●255: The Boys Band / The Boys Band (ドント・ストップ・ミー)

※ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから2016年10月に高品質CDで発売(世界初CD化)されました。

●256: Rick Bowles / Free For The Evening

●257: Larry Lee / Maroonded (ロンリー・フリーウェイ)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月にCDが再発されました。


作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー
スポンサーリンク


AORの名盤 330選 1982年の名盤

このサイトについて

© 2011 Warm Breeze